複利計算

総収益
最終金額
# 収益 総額 収益率

ご使用方法

複利計算シミュレーションは預金、株式、仮想通貨の投資収益を計算するためのツールです。

複利計算シミュレーションの使い方
  • 初期投資額 : 開始金額を入力します。
  • 複利回数 : 投資期間を入力します。複利は入力回数分繰り返し計算されます。
  • 収益率 : 予想される複利収益率を入力します。
  • 計算する : 複利で計算された結果を出力します。

複利の意味

複利は投資資産の利息を計算する際、元金と以前の利息を合わせて次の利息を計算する方法です。常に同じ利息が発生する単利投資とは異なり、複利投資は利息が増え続けます。したがって、複利投資は時間が経つほど資産が幾何級数的に増えます。

# 残高 収益 収益率 総額
1 10000 1000 10% 11000
2 11000 1100 21% 12100
3 12100 1210 33.1% 13310

例えば初期資本が10000で、10%ずつ毎年増加すると仮定した場合、1年目には利息が10%増加しますが、2年目には11%増加します。最終的に3年目の総額は元金から33.1%増えた13310です。これは単利で仮定した場合より3.1p.p.高い金額です。

複利の公式

複利で投資したとき、資産の未来価値は次の方法で計算できます。

複利の計算式
  • F:未来の価値
  • P:現在の価値
  • r:利率
  • n:期間

このシミュレーションで使用している複利の計算式は、この公式に従います。

72の法則

72の法則は、複利を通じて資産が2倍になるのに必要な期間を暗算で計算する方法です。

72の法則の公式

計算方法は、単純に72を複利利率で割ります。例えば利息率が5%の場合、資産が2倍になるのに必要な期間は72/5=14.4年です。これは実際の期間である14.207年と非常に近いです。計算機がない状況で有用な方法です。数学的には72ではなく69.3を使うほうがより正確なため、69の法則あるいは70の法則を使うこともあります。しかし、72がより多くの自然数に分けられるため、一般的には72の法則がよく使われます。

活用方法

ほとんどの投資資産は、複利で収益を得ることができます。預金、株式、仮想通貨投資をする際、まず未来の収益を複利計算シミュレーションで計算し、今後の計画を設計しましょう。